忍者ブログ
経済やビジネス、アフィリエイト、事業、起業、金融、財政、FX、株、海外投資、外貨預金、先物取引、外貨MMF、外貨投資信託、外国株式、外貨債券、金取引、などに関する各種情報、ニュースを始め、生活一般の気になる情報をご提供いたします。
[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


財団法人日本体育会協会によるスポーツ指導者の資格には、様々な種類がある。
1つ目は「スポーツ指導基礎資格」。スポーツ指導の基礎を学ぶ資格試である。
現在、地域におけるスポーツグループや趣味サークルなどでスポーツ指導に
あたっている方や、これから指導者になろうと考えている方、体育指導員の方に
おすすめの資格。試験資格取得後は、競技別指導者資格やフィットネス系資格へ
ステップアップすることも可能。
2つ目は「競技別指導者資格」。地域の趣味スポーツクラブや学校、商業スポーツ施設等で、
競技別の専門的な指導者、また試験資格取得後、指導者になろうと考えている方に
おすすめの資格。
3つ目は「フィットネス資格」。 地域の趣味スポーツクラブや地域の公共施設、民間の商業スポーツ施設等で、
身体づくりの実技指導や活動プログラムの提供などにあたっている方、また資格試験取得後、
指導者にと考えている方におすすめの資格。
4つ目は 「メディカル・コンディショニング資格」。
スポーツ医科学の知識をもとに健康管理や競技能力の向上の援助等をされている医師や
トレーナー、試験資格取得後これから活動しようと考えられている方におすすめの資格。
5つ目は「マネジメント指導者資格」。総合型の地域スポーツクラブなどでマネジメントを
担当している方や、これから担当しようと考えられている方におすすめの資格。
その他には「体力テスト員」。
体力テストの実施と普及をはかり、体力テスト実施上の指導や結果の判定にあたる。
スポーツクラブやスポーツ教室等で、体力テストを実施されている方や、お考えの方に
おすすめの資格。
また全日本スキー連盟による趣味型の民間試験、「スキー指導員」や
(社)日本プロボウリング協会資格審査委員会による趣味型民間試験、
「プロボーラー」などがある。

メラミンの毒性

芸能人公式サイト紹介

坂本真綾公式ブログ


PR
建築士とは、建築士法(1950年(昭和25年)5月24日法律第202号)に拠って定められた
国家資格。建物の設計、工事監理等を行う技術者であると定義されている。
年1回行われる建築士試験に合格し、管轄行政庁(国土交通大臣または都道府県知事)から
免許を受け、名称を用いて設計、施工などの業務を行う者を言う。
建築士には、一級建築士、二級建築士、木造建築士の三種類の資格があり、
建物の設計を行うには、建築士試験に合格し、建築士の資格を持っていなければならない。
また、一級建築士の試験を受けた資格取得者でなければ設計できないもの、
二級建築士・木造建築士資格取得者が設計できるもの等と規定されている。
建築設計を行う者の中で、とくに作家性・作品性を持つ者を、建築家という。
日本では一般に、受賞歴のある者や著名な作品を設計した者を特に建築家と呼び、
ほとんどは一級建築士の有資格者である。しかし、自らは建物のコンセプトや空間デザインを
手がけ、設計実務は建築士の資格を持つスタッフに任せる、というスタイルの「建築家」も存在する。
資格試験の受験資格だが、専門教育を受けていない場合、二級建築士の受験資格を得るのでさえ7年以上の
実務経験が必要であるが、専門教育を受けている場合はその程度に応じて必要な実務経験期間が短縮される。
また建築士試験の合格率は以下のとおりである。
・一級建築士 2005年(平成17年) 学科合格率25.0% 製図合格率30.3% 総合合格率11.1%
・二級建築士 2005年(平成17年) 学科合格率33.2% 製図合格率54.5% 総合合格率23.3%
・木造建築士 2005年(平成17年) 学科合格率74.5% 製図合格率74.4% 総合合格率53.6%
学歴や実務経験等で受験資格が制限されている試験にも関わらず、一級建築士試験は合格率が低い。
難関であるといえる。

はなれ砦のヨナ

CG

メラミンの毒性

教育に関する資格として、保育士、幼稚園教諭免許、小学校教諭免許、中学校教諭免許
、高等学校教諭免許などが挙げられます。保育士の資格は、厚生労働大臣の指定する養成
学校(大学など)を卒業して取得するのが一般的ですが、各都道府県単位で実施される保
育士試験に合格して取得する方法もあります。以前は各都道府県で試験内容が異なってい
ましたが、現在は統一されています。幅広い専門知識が要求される試験で全科目合格率は
例年1割ほどで、全体の合格でも10%前後となっています。ただし、不合格となっても、
合格した科目についてはその後免除される科目合格制度なので、根気よく続けて合格する
ことができます。
 幼稚園、小学校の教諭免許の資格については、こちらもおもに大学や短大などの厚生労
働大臣の指定する養成学校を卒業して取得するのが一般的です。ですが、一定の基準を満
たす人であれば、資格の認定試験を受けて合格すれば取得できるようになりました。これ
は、教諭にふさわしい人材を広く求めるためのようです。ただ、これらどの資格にもいえ
ることですが、資格を取ったからといって働けるわけではありません。その後各都道府県
や幼稚園にて採用される必要があります。この他の資格としては、認定ベビーシッターや
認定子育てアドバイザーなどがあります。いずれも子供が好きでなければやっていけませ
んし、責任感の強い人が向いてるでしょう。

カスピアン王子の角笛

沖縄そば

沖縄の食文化



忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索