忍者ブログ
経済やビジネス、アフィリエイト、事業、起業、金融、財政、FX、株、海外投資、外貨預金、先物取引、外貨MMF、外貨投資信託、外国株式、外貨債券、金取引、などに関する各種情報、ニュースを始め、生活一般の気になる情報をご提供いたします。
[178] [29] [26] [67] [18] [155] [93] [12] [17] [14] [15]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どくとるマンボウ回想記
北 杜夫
日本経済新聞出版社 刊
発売日 2007-01



ただの「マンボウ」ではなく「どくとるマンボウ」という題名で出版されたということは…。 2007-02-09
50枚ほどの思い出の写真とともに綴られる、どくとるマンボウ北杜夫の回想記。たしかに、他のエッセイで読んだエピソードも多いのだが、作家生活ばかりか人生の最終コーナーを廻った著者がその一生(まだ生きているけど)をエッセイとして一つの作品にした、ということが嬉しい。しかも、「どくとるマンボウ」だ。



著者にとって、「どくとるマンボウ」シリーズと、ただの「マンボウ」シリーズとは、その力の入れ具合によって区別があるのだと「どくとるマンボウ医局記」に書いてあった(他でも書いているかもしれないが)ことを考えると、純文学作家の著者が世に出るきっかけとなった「どくとるマンボウ航海記」からぐるっと一巡、作家生活を締めくくる作品がこの回想記なのかとも思いながら読み進めてしまった。



そして、最後に掲載されている著者の年老いた姿を見ると寂しさが溢れてきた。



どうも、自分自身の思い出みたいなものばかりを書いてレビューの体をなしていないが、この作品は、北杜夫作品の読者であり続けた私にとって、読むことができたというだけで★5つだ。そうでない人にとっては意味のない作品かもしれないが、ファンにとっては読まなければ後悔することになる作品だと思う。



「白きたおやかな峰」に登場したコックのメルバーンの写真もみることができたし、もう思い残すことはない…ということは決してなく、今度は老体にむち打って文学作品も書いて欲しいと思うのがファンの心理である。



PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索