忍者ブログ
経済やビジネス、アフィリエイト、事業、起業、金融、財政、FX、株、海外投資、外貨預金、先物取引、外貨MMF、外貨投資信託、外国株式、外貨債券、金取引、などに関する各種情報、ニュースを始め、生活一般の気になる情報をご提供いたします。
[205] [204] [203] [202] [201] [200] [199] [198] [197] [108] [107]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

livedoor ニュースに、下記のような記事が載っていました。
http://news.livedoor.com/article/detail/3234734/
新潟県人として、とても悲しくなるような記事でした。

--引用はじめ--

【PJ 2007年07月17日】- 中越沖地震の報道を見ているが、いわゆる報道番組は生活情報を含めた各種情報を伝える努力をしているようだ。しかしワイドショーはどうだろう。より激しい被害、より悲惨な被災者を捜し求める姿は、12年前の阪神淡路大震災のときと何ら変わりがないように見える。

 がけ崩れの現場へ行き、レポーターがことさら大げさに状況を演出する。家屋の倒壊現場の前に立ち「この家は完全に倒壊しています」などと、見れば分かることをいちいちマイクに向かって喋る。避難所へ上がりこんで、お年寄りや怪我をした人にカメラを向け、何か喋れとマイクを突きつける。

 ライフラインは途絶し避難所の人数は増えているという。被災地で必要とされているもの、あるいは必要とされていないものを整理して情報として流すこと。公共の電波を預かる立場としてやるべきことは、まずそれが第一だろう。ワイドショーは被災地を心配するフリをして、じつは「はしゃいでいる」のだ。

 しばらくネタには困るまい。確信を持っていえることは、もうすぐ「美談」が演出され始めるだろうということ。同時に政府や自治体の対応を結果論で批判する。しかしそれはワイドショーの底の浅さ、そしていかに信用できないメディアであるかを再確認する作業でしかない。【了】

--引用終わり--

とても悲しくなりますね。
私も新潟県人です。
私の住んでいる地域は、幸いほとんど被害は出ませんでした。
しかし、今回の被災地は、3年前の中越地震の被災地と重なります。
地元、新潟の新聞では、今でも、そう、地震の起こったその日でさえ「復興」の記事が載っているのです。
まだ前回の痛手から癒えていないのに、今回の惨事。

特に首都圏の方々、他人事ではありませんよ。
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索