忍者ブログ
経済やビジネス、アフィリエイト、事業、起業、金融、財政、FX、株、海外投資、外貨預金、先物取引、外貨MMF、外貨投資信託、外国株式、外貨債券、金取引、などに関する各種情報、ニュースを始め、生活一般の気になる情報をご提供いたします。
[128] [118] [119] [167] [133] [19] [120] [160] [134] [111] [16]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

行動経済学 経済は「感情」で動いている
友野 典男
光文社 刊
発売日 2006-05-17



経済は、生きた現実の人間の営みである、という当たり前の事実 2007-03-01
 一読、「経済」というより、「心理学」「行動学」の本という印象である。

 経済学が前提とする、「完全に合理的で利己的な人間」――そんなものは実在しない。実在しない人間像を基準に、まさに人間の営みである経済を論じても仕方ない。では現実の人間は経済行為にあたって、どんな風に判断し行動するのか?それを認知心理学や人間行動学の研究を元の解き明かそうというのが『行動経済学』であるらしい。



 「損失は、同額の利得よりも強く評価される」

 「人は現在の状況からの移動(変化)を回避する傾向にある」

 …など、本書に取上げられた“(経済学が想定する意味では)合理的でない”判断や行動の多くは、生活実感からすれば「当たり前」「常識的」な判断・行動である。

 しかし、それを科学的な知見とするためには大変な労力が必要なのだなぁ…というのが読んでの率直な感想である。逆に言うと、人間の心の動きや、それに伴う行動についての科学的理解は、未だなかなか進んでいないということなのだろう。

 そして、この“人間”と言うやっかいな生物の営みである“経済”の科学的理解もまた、未だ遠い道のりだと言う事がよくわかった。



 非常に興味深い内容で勉強になりましたが、いかにも学者さんの文章といった印象で、読みやすいとはいえないので、その分、1つ減点した。しかし、新しい分野について語りおこすのは、どんな内容でも簡単なことではないのでしょうね。

PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索