忍者ブログ
経済やビジネス、アフィリエイト、事業、起業、金融、財政、FX、株、海外投資、外貨預金、先物取引、外貨MMF、外貨投資信託、外国株式、外貨債券、金取引、などに関する各種情報、ニュースを始め、生活一般の気になる情報をご提供いたします。
[147] [146] [116] [109] [191] [115] [159] [176] [145] [165] [121]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レバレッジ・リーディング
本田 直之
東洋経済新報社 刊
発売日 2006-12-01



自己投資としての読書術
「レバレッジ・レーディング」、奇をてらったタイトルに惹かれましたが、利益に直結する投資型読書術ということで納得しました。

読書を自己投資とする見方はわりと広まっているため、決して目新しいことではありませんが、著者の場合それが詳しく紹介されノウハウ本になってる点が参考になります。

「レバレッジ・メモ」、なーるほど、「読みっ放しではなく、きちんと財産にしましょう」という点は勉強になりました。



けれどもレバレッジ・リーディングが適用できる書は、ビジネス書が中心になるでしょう。

もっといえば文字は大きめ易しく書いている書となりそうです。

ビジネス書以外でも参考になること、いやむしろビジネス書以外に斬新な発想や切り口を見いだすことも多々あるため、

著者の提言する読書術は必ずしもベストでは無いと思います。



多読、精読、速読、それぞれ長所と短所がありますが、本書は多読の中でも自己投資に焦点を当てた読書術の紹介です。

実際、読んでみると、これがなかなかよくできています。

ストーリーも不自然でなくてよいと思います。



個人的には、

「会計数値は近似値を表しているものであり、その数値の本質を追求することが大切」といった著者のメッセージが印象に残りました。
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索