忍者ブログ
経済やビジネス、アフィリエイト、事業、起業、金融、財政、FX、株、海外投資、外貨預金、先物取引、外貨MMF、外貨投資信託、外国株式、外貨債券、金取引、などに関する各種情報、ニュースを始め、生活一般の気になる情報をご提供いたします。
[46] [47] [44] [49] [48] [37] [32] [31] [33] [34] [28]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

入門 医療経済学―「いのち」と効率の両立を求めて入門 医療経済学―「いのち」と効率の両立を求めて
真野 俊樹
中央公論新社 刊
発売日 2006-06


出版社/著者からの内容紹介
よい病院とわるい病院を見分けるにはどうすればよいだろう。レストランや車なら、高い値段のものが質もよいと考えればほぼ間違いはない。しかし医療では名医でも新米の医者でも値段は一緒であり、経済法則は働いていないように思える。では、なぜ医療の値段は同じなのか。本書は、医療が持つこのような特徴を、「情報の非対称性」「市場の失敗」等の視点から経済学的に分析し、今後の医療制度改革の方向性を提示する。



良書である。 2007-03-22
「医療に市場効率を導入せよ」と言う人も、「医療がサービス業である」と気付けない人も

医療と経済学との整合性を正視していない事が多い。それは、医療が延命の手段であると、経済学は儲けるための学問と誤解されているから‥というのが大きな原因だと思うのは私だけだろうか? 本書はこの誤解を解くのに良書。とはいえ、新書一冊で「経済」と「医療」という一見すると矛盾し勝ちなふたつの世界の整合性を示すのは、じつは相当に無理がある。しかしその無理難題を達成した著者の実力、見識は素晴らしいと思う。


さらに詳しい情報はコチラ≫


PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索