忍者ブログ
経済やビジネス、アフィリエイト、事業、起業、金融、財政、FX、株、海外投資、外貨預金、先物取引、外貨MMF、外貨投資信託、外国株式、外貨債券、金取引、などに関する各種情報、ニュースを始め、生活一般の気になる情報をご提供いたします。
[199] [198] [197] [108] [107] [106] [105] [104] [69] [68] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

排出権取引制度

EU25カ国で「欧州排出権取引制度」がスタートして1年余りが経ちました。
この制度は、20メガワット以上の燃焼施設など、大規模な二酸化炭素の発生源を対象に排出枠を設け、排出枠の余剰分や不足分を市場で売買できるようにするものです。
この制度により、企業は二酸化炭素の削減によって利益を得ることが可能となり、競争原理を働かせながら二酸化炭素送料を規制することができる環境問題対策として、世界の注目

を集めています。
これにならうように、日本でも2005年度から自主参加型の排出権取引制度の試行事業が、環境相の主導で始まっています。
第1期には32社が参加し、原油価格の高騰もあり、省エネ、石油代替エネルギーへの取り組みが大きく進展することになりました。
こうした動きに注目しているのは、工場を抱えるメーカーだけではなく、様々な企業にも広がっています。
ある大手証券会社は、「排出権」を将来に渡って固定価格で買い上げる約束をした債権を発売しました。
投資家はこの債券を購入することで、間接的に企業の環境問題への努力を後押しすることができます。

PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索