忍者ブログ
経済やビジネス、アフィリエイト、事業、起業、金融、財政、FX、株、海外投資、外貨預金、先物取引、外貨MMF、外貨投資信託、外国株式、外貨債券、金取引、などに関する各種情報、ニュースを始め、生活一般の気になる情報をご提供いたします。
[165] [121] [152] [192] [83] [87] [113] [76] [135] [144] [173]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

経済数学入門―経済学入門シリーズ
佐々木 宏夫
日本経済新聞社 刊
発売日 2005-12


内容(「BOOK」データベースより)
経済学の理解に不可欠な数学をわかりやすく解説。数式は最小限に抑え、経済学でどのように使うかまでを丁寧に紹介します。「酔っ払いの足の動きから確率を学ぶ」「一を聞いて十を知ることは微分を学ぶことと同じ」など、身近な事例を用いてわかりやすく説明します。証明等の細部にはこだわらず、結論を明快に提示。経済学を学ぶ上で利用価値の高い定理、命題、公式等が満載です。



経済・商学の学部生向け
取っ掛かりとして読むのに非常に良い入門書。

数学科出身で商学部で教鞭を取る著者の力作とも言える書。



利用方法としてはゼミのリーディングアサインメントや

経済学入門を勉強する際の副読本などがあると思われる。



ただ難点は、確率の定義がコルモゴロフによるものではない

ため、数理経済学やファイナンスを専攻する場合には

易しすぎる可能性がある。

理工系の人は読み物としても読めると思いますが、ファイナンスを学びたいとけれど数学は苦手という方は、教科書として扱うべきだと思います。そもそも、金融工学は、経済の「数理モデル」を基にした「工学的アプローチ」であるということから、ある程度の数学記述は避けられません。

 また、この教科書を出発点として、より高度な専門書を読んでいけば効率的に学習が進むでしょう。

PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索