忍者ブログ
経済やビジネス、アフィリエイト、事業、起業、金融、財政、FX、株、海外投資、外貨預金、先物取引、外貨MMF、外貨投資信託、外国株式、外貨債券、金取引、などに関する各種情報、ニュースを始め、生活一般の気になる情報をご提供いたします。
[54] [73] [11] [51] [142] [55] [56] [99] [94] [95] [60]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


武藤 滋夫
日本経済新聞社 刊
発売日 2001-01



<内容(「BOOK」データベースより)
他の人々がどのような行動をとるかを常に考慮に入れながら、自分がどのような意思決定をするべきかをゲーム理論は明らかにします。人の関係から、企業、国家の関係までゲーム理論の応用範囲は広い。経済学、経営学はもちろん、政治学、社会学、生物学を学ぶ人にも欠かせない知識です。本書では、ゲーム理論のおもしろさを伝えるため、具体的な数値に基づいて解説しました。理解を深めるため、練習問題と詳しい解説を掲載しました。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
武藤 滋夫
1950年東京生まれ。73年東京工業大学工学部社会工学科卒業。77年コーネル大学大学院工学研究科オペレーションズ・リサーチ専攻M.S.課程修了。78年コーネル大学大学院工学研究科オペレーションズ・リサーチ専攻Ph.D課程修了。79年東京工業大学理学部情報科学科助手。82年東北大学経済学部助教授。90年東北大学経済学部教授。96年東京都立大学経済学部教授。現在東京工業大学大学院社会理工学研究科教授。著書に『協力ゲームの理論』(共著、東京大学出版会、1985)。『投票システムのゲーム分析』(共著、日科技連出版社、1998)。『ゲーム理論で解く』(編著、有斐閣、2000)(b>じっくり読む(解く)のに向いた文庫本 2005-12-04
値段と内容のバランスを考えると、

とてもとてもお得な本だと思います。



とはいえ、本のサイズほど気軽に読める本では

ないと思うので、注意が必要です。



電車の中で気軽にゲーム理論っぽい話を読むといった

類の本ではなく、ゲーム理論全般の基礎知識を簡単な

数学とともに理論的に学ぶことができる本、と言える

でしょう。また、この本には練習問題もついてます。



上記の学びを期待する方には最高の入門書だと思います。


PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索