忍者ブログ
経済やビジネス、アフィリエイト、事業、起業、金融、財政、FX、株、海外投資、外貨預金、先物取引、外貨MMF、外貨投資信託、外国株式、外貨債券、金取引、などに関する各種情報、ニュースを始め、生活一般の気になる情報をご提供いたします。
[123] [125] [177] [126] [110] [194] [112] [171] [161] [168] [172]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

道具としてのファイナンス
石野 雄一
日本実業出版社 刊
発売日 2005-08-25


出版社 / 著者からの内容紹介
●「道具としての」、ファイナンスを仕事に使えるようになる本!|「ファイナンスといえば、本を開くと数式のオンパレード、講習会に行ってもムズカシイ理 屈ばかり…。仕事に使えるファイナンスの本はないのか!?」――そんな嘆きはもう不要。|●複雑な数式の代わりにEXCELを活用|経営者の使命は、「有 利な条件で資金を調達し、その資金によってより大きな収益を上げる」こと。そこで求められるのが、ファイナンスをかじった人にはおなじみのオプション理論 やDCF法などなど。では、忙しい経営者が理論の証明や数式を理解しているのか、といえば、そんな人は一握りもいない。複雑な計算はEXCELで!という ことだ。|●実は著者も苦労してMBAを取得した!|100冊以上の本にかかったお金は70万円!銀行マン時代から数学が得意ではなかった著者の転機は EXCELとの出会い。本書では、まずはファイナンスの意味をトコトン理解してもらい、さらにEXCELでの活用法までを徹底伝授!|●各企業の実例を用 いてやさしく解説!|「理論先行」を排し、最適な資金調達やプロジェクト選択など、ビジネス現場(日産自動車)で得た、実務に役立つ知識・方法をわかりや すく教えます。||

Finance専攻以外のMBA1年生必見 2007-03-20
現在MBA留学中ですが、Finance専攻以外のMBAの学生のコアのFinace授業対策にはもってこいの良書です。私もこの1冊でベーシックを学ぶことで、非常に効率よく勉強を進められました。わかりやすく書いてくださっているので、それ以外の方にも大変勉強しやすいと思います。来年入学が決まり、渡米前に日本の良書を、という方にもお薦めです!

PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索